A place filled with happy smiles.
Englishスポーツコミッション関西は「スポーツ+」の実現をめざし、
スポーツを通して関西の地域活性化を図ります。
 
 
スポーツコミッション関西
 
 
  • つなぐチカラ。
  • つなぐ熱意。
  • つなぐ未来。
  • つなぐ笑顔。

「関西WMG2021」 招致について

生涯スポーツの世界大会である、ワールドマスターズゲームズ (当コミッションセミナーにてはじめて紹介) について
関西招致に向けた活動を実施。 平成25年より関西広域連合の招致活動を全面的にサポート。


前文

 平成23年9月、第一回「スポーツ+ツーリズム」セミナーにおいて流通科学大学(当時)高橋一夫先生からワールドマスターズゲームズの紹介を受け、その後も高橋先生、神戸大学 長ヶ原誠先生、早稲田大学 原田宗彦先生などの協力、助言をいただき各方面に招致の働きかけを水面下で行った。
 平成24年10月、関西経済同友会を通じて関西広域連合に正式に提案。提案を前向きに受けた関西広域連合の賛同を得て、招致に向けた各関連先との調整を実施。
 その後関西広域連合が正式に招致を決定し、IMGAとの折衝にあたっては、関西広域連合から業務の一部委託を受けるなど、事務局的役割を担い活動した。

詳細 (下記時系列に招致にいたる経緯を記す)

・ 平成23年9月、「スポーツ+ツーリズム」セミナーにおいてワールドマスターズゲームズについての紹介を受ける。
・ 平成24年5月、大阪府市経済団体懇話会にてワールドマスターズゲームズの招致を大林剛郎関西経済同友会代表幹
  事より提案。
・ 平成25年1月24日、関西広域連合と経済3団体の意見交換会において、大林剛郎関西経済同友会代表幹事からワー
  ルドマスターズゲームズ誘致について発言。井戸連合長(兵庫県知事)、山田京都府知事等の賛同を得る。
・ 平成25年1~3月、関西広域連合において検討。井戸連合長、山田京都府知事のほか、仁坂和歌山県知事、平井鳥取 
  県知事等からも強い賛同を得る。 (JOC、文科省などへの根回し)
・ 平成25年5月8日に、井戸連合長からIMGAカイホルム会長あてに招致に積極的に取り組む旨のレターを送付。
・ 平成25年5月28日、サンクトペテルスブルグにおいて開催されていたSport Accordに付随してIMGAの理事会を開
  催、井戸連合長からのレターが紹介される。
・ 平成25年7月、KANSAI WMG 2021 DRAFTを作成。
・ 平成25年8月、トリノ大会視察、関西のプレゼンテーション実施。 (SC関西が説明)
・ 平成25年9月、関西ワールドマスターズゲームズ2021準備委員会を設立。
・ 平成25年11月、IMGA査察団、関西訪問。
・ 平成25年11月10日、基本合意書調印 。
・ 平成26年7月、東京・岸記念体育館において中央競技団体への説明会を実施。
・ 平成26年10月、大阪国際会議場において経済界・行政団体・体育協会など関係者にお集まり頂き、「関西ワールド
  マスターズゲームズ2021の集い」を開催。
・ 平成26年12月、一般財団法人関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会を設立。 


<経済波及効果の試算>

下記の収支計画をもとに試算した経済波及効果は、約140億円となる。
(単位:百万円)
  項 目 金 額
直接効果 事業費 2,032
  観光消費額 7,027
  合 計 9,059
1次波及効果 事業費 784
  観光消費額 3,605
  合 計 4,389
2次波及効果   607
合  計   14,055
*スポーツコミッション関西による試算
*平成17年近畿地域産業連関表を使用(近畿経済産業局管内の経済波及効果を試算)
*直接効果の事業費は、開催権利金6.5億円を除く事業費21.5億円のうち、域内需要額を試算
*直接効果の観光消費額は、大会参加者を競技者・同行者・家族を含め6万人とし、シドニー大会の事例を参考にし
 た1人あたり消費額を使用して試算
     <1人あたり消費額(参加人数)>
       国内日帰り  44,941円(18,000人)
       国内宿泊  173,308円(12,000人)
       海外    283,081円(30,000人)
*2次波及効果は、直接効果と1次波及効果によって生み出された雇用者所得のうち消費に当てられた部分が新たに
 生み出す効果


<参照>