A place filled with happy smiles.
Englishスポーツコミッション関西は「スポーツ+」の実現をめざし、
スポーツを通して関西の地域活性化を図ります。
 
 
スポーツコミッション関西
 
 
  • つなぐチカラ。
  • つなぐ熱意。
  • つなぐ未来。
  • つなぐ笑顔。

インターカレッジ・コンペティション2018募集について

標記について、以下の募集要項に基づき参加募集をいたします。
別途ご案内に従って、お申込みいただくようお願い致します。

1 企画趣旨

ワールドマスターズゲームズ2021関西(以降WMG2021と略)が、関西のみならず日本全体にスポーツ・文化・産業など様々な分野の効果を生み出す大会として最大限の成果を生み出せるよう、全国の大学から新鮮で柔軟なアイデアを提案していただく第5回インターカレッジ・コンペティションを開催いたします。
大会まであと3年となる今年のコンペティションでは、アイデアの提案に留まらず、優勝企画や主催者によって選択された企画については、コンペ終了後に実施を前提として検討されます。
WMG2021を支援する様々な事業プランをスポーツや経済のみならず、ゼミの研究テーマに沿って幅広い分野からご提案頂き社会還元の機会とすると同時に、その後の組織委員会、地元自治体や企業等の議論の機会など、より実務的な研究活動の場としてさらに参加価値が高まったと考えています。
是非それぞれのゼミで学んだことを活かし、多くの提案をいただけることをお待ちしております。

※提案の実現に向けた施策
①決勝における優勝者必須項目1 については、WMG組織委員会、スポーツコミッション関西、実行委員会関係自治体、
 サポート企業等と共に「実施検討のための調整会議」に参加し、企画を実現するための準備・推進作業に対応する
 体制を取っていただきます必須項目2 。
  必須項目1 優勝者以外の企画についても、主催者の選択で実施検討の場合があります。
  必須項目2 参加ゼミでの対応が不可の場合、実施に向けた内容検討を主催者に一任していただきます。
  必須項目3 該当チームには、企画の実施検討のための費用としてWMG組織委員会より助成金が付与される予定です。
②企業によるサポートプログラムを実施する。賛同企業は企画の事業化の検討や、学生の求めに応じて
 企業+学生チームとして参加する事も可能。(※参加のイメージ・条件等後述、参加企業は後日ご案内)

【 主 催 】
公益財団法人ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会・スポーツコミッション関西
【 協 力 】
公益財団法人日本スポーツ協会・関西広域連合・公益社団法人全国大学体育連合・
一般社団法人大学スポーツコンソーシアムKANSAI
【 後 援 】
スポーツ庁・公益財団法人日本障がい者スポーツ協会・
一般社団法人 日本スポーツツーリズム推進機構・関西経済同友会・神戸経済同友会・
京都経済同友会・関西経済連合会・大阪商工会議所・神戸商工会議所・堺商工会議所
(予定)京都商工会議所
   

ダイヤワールドマスターズゲームズ2017オークランド大会映像

2 募集要項

- 参 加 資 格:所属大学に指導教員を有する大学生、大学院生
- 募 集 数 :30チーム・予定(※応募多数の場合は要調整
- 申し込み方法:指定のエントリー用紙に必要事項を記入の上、2018年9月14日迄にメールにて提出
- 条 件:ゼミ単位で申し込むこと(同一ゼミで複数のチーム参加可)(1チーム5人を目途)
     ※翌年度以降の事業開始時にもご協力頂ける体制整備をお願いします。


メール送付先メールアドレス:inter@sckansai.jp


スケジュール(予定)

2018年6月中旬 9月14日 10月5日 10月中旬 11月末日 12月初旬 2019年1月~3月 4月~
募集開始
応募締切
課題提出
ワークショップ
開催
最終課題
提出締切
予選・決勝
検討・調整
事業開始

3 テーマ

 ① ワールドマスターズゲームズ2021関西の開催に向けて、あるいは開催時、さらには開催をきっかけとした
   各種施策について、大学での専門分野を活かして具体的に実践できる事業提案を募集。
 ② 企画の実施期間は2019年4月以降、2021年3月までの2年間の中での任意の期間を想定。
 ③ 実施期間が翌年4月からとなるため、プレゼン以降についてもゼミとして対応できる体制での参加を望む。
 ④ 実施に掛かる費用等についても、可能な限り算出して企画立案する事が望ましい。

(参加テーマ案)
 ① 開催地域を繋ぎ大会に一体感をもたせる仕組み
 ② 地域における参加意識向上(ボランティア,町おこしなど競技参加以外の)に向けた取組み
 ③ ワールドマスターズゲームズ開催後の大会効果の継続に向けた取組み
 ④ 大会を契機にした、地域の国際化と文化の発信に向けた取組み
 ⑤ 競技開催市町周辺市町を巻き込む施策
 ⑥ 関西広域連合圏以外での効果的な広報活動
 ⑦ インクルーシブな大会をPRするための取組み
 ⑧ 大会運営を支える仕組み(競技役員インターンシップ・審判員資格取得促進等)
 ⑨ 開閉会式に多くの参加者が集い盛り上がるための企画
 ※過去参加チーム(ゼミ)については、以前参加した企画の再構築、発展形での参加も可。

4 課題提出について

注意警告2018年10月5日までに下記書類を提出すること。(※日時等、詳細は後日ご案内いたします。)
① A4 1枚の概要版(以下のテンプレートでダウンロードの上、必要事項を記入の上送付ください)
② PPT(A4横書き)企画書(暫定版)15枚まで(PDFデータで納品してください)
必須項目お送りいただいた、PPT企画書およびA4概要版につきましては、主催団体HP等に掲載させていただく予定です。
  記載の資料、写真等については、著作権等に配慮して作成するようご留意願います


メール送付先メールアドレス:inter@sckansai.jp

5 ワークショップ

 ①2018年10月中旬頃開催予定(※開催の詳細は別途ご案内。大阪での開催を予定)
 ②参加希望チームのみ ※別途申込書を提出
 ③内容:企画の進捗状況をご報告いただき、企業、組織委員会の方々からアドバイスをいただく事で、
  内容のブラッシュアップを図るディスカッションの場とする

6 最終課題提出について

・2018年11月末日までに下記書類を提出すること(完成版)
 ①A4 1枚の概要版(以下のテンプレートでダウンロードの上、必要事項を記入の上送付ください)
 ②PPT(A4横書き)企画書(完成版)15枚まで(PDFデータで納品してください)
 ※お送りいただいたPPT企画書(完成版)及びA4概要版につきましては、主催団体HP等に掲載させて
いただく予定のため、写真等、著作権等に配慮して作成するようご留意願います。

7 予選・決勝

2018年12月初旬~中旬開催予定
会場/大阪科学技術センター(OSTEC)(予定)
URL:http://www.ostec.co.jp/


 <予  選>開催日の午前中に実施
  ・参加チーム30チーム(想定)によるプレゼンテーション(各チーム持ち時間10分)
  ・審査員により決勝通過チームを決定

 <決  勝>開催日の午後に実施
  予選通過チームによるプレゼンテーション(各チーム持ち時間10分)
  審査により最優秀賞、2位、3位、優秀賞を決定します。

 <予選・決勝審査/採点方法> ※詳細は後日ご案内いたします。 
  ※参考 昨年度の審査項目

応募要項画像 2

<予選・決勝審査員>(予定)
  関西経済界やWMG2021関西組織委員会等から選出。 ※詳細は後日ご案内いたします。

※参考 昨年度の決勝審査員(8名)
 ・(審査員長)大阪体育大学 学長 岩上安孝(いわがみ・やすたか)様
 ・スポーツ庁 スポーツ総括官 平井明成(ひらい あきしげ)様 
 ・一般社団法人 アスリートネットワーク 理事長 柳本晶一(やなぎもと しょういち)様
  【一般財団法人 関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会 レガシー創出委員会 副委員長】
  【アテネ・北京オリンピック バレーボール全日本女子チーム監督】
 ・公益財団法人 日本体育協会 副会長 泉正文(いずみ まさふみ)様
 ・関西広域連合 本部事務局 次長 坂田 泰子(さかた やすこ)様
 ・一般社団法人 関西経済同友会 代表幹事 黒田 章裕(くろだ あきひろ)様
  【コクヨ株式会社 代表取締役 会長】
 ・一般財団法人 関西ワールドマスターズゲームズ2021 組織委員会
   事務総長 木下博夫(きのした ひろお)氏
 ・スポーツコミッション関西 代表理事 鈴木博之(すずき ひろゆき)氏
  【(一社)関西経済同友会代表幹事 丸一鋼管株式会社 代表取締役会長兼CEO】


8 表彰(予定)

最優秀賞:副賞として、スポーツ大会視察のための旅費30万円
      ※現地視察内容はスポーツコミッション関西のセミナーや翌年のインカレで発表いただきます。
      ※視察対象の大会は、協議の上決定させていただきます。
      ※ゼミのスケジュール等の理由で視察が叶わない場合は、他の副賞に振り替えになります。
2位:図書券5万円分
3位:図書券3万円分
優秀賞(3チーム):図書券1万円分

9 その他

コンペティション終了後、審査員と学生の交流会(要会費)を予定しております。
普段接する機会の少ない方から話を直接伺える機会になりますので、是非参加をご検討下さい。
詳細は別途案内させていただきます。

10 企業によるインカレ支援プロジェクト ※現在調整中

プロジェクト創設の趣旨

マスターズゲームズ2021関西成功に向けた産・学一体の取り組みの一つとして、インターカレッジ・コンペティション入賞企画実現を支援する企業を募る。
応援パートナーとして登録した企業に関しては、大学とのリレーション強化、広報活動の一環として対応、事業化による成果獲得等の可能性と同時に、関西一丸で取り組む大会への貢献を果たす機会となる。(具体的な支援内容は下図参照)
インターカレッジ・コンペティション2018 支援図

11 注意事項

インターカレッジ・コンペティション2018の参加者の氏名等はHP上で公開されます。
また、紙面や放送で取り上げられる可能性があることをご承諾いただいた上で、お申し込みください。


以上